(Ne-net)の2016年春夏コレクションが発表された。「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京2016 S/S」の期間中である2015年10月12日(月)、東京・青山にあるLIGHT BOX STUDIO AOYAMAで、コレクションルックの撮影とともに、イベントを開催。店内には今シーズンのウェアとテーマ「PASTORAL 羊飼いがみた夢 」に合わせた羊のオブジェが並んでいた。 消費社会で生きている自分たちとは反対に、自分たちのできる範囲で生活している牧場の人々に憧れを持っている と、デザイナーの高島一精は話す。彼の望みや願望を、今季は、につめ込んだ。牧場で働く人々をイメージし、体にフィバーバリーバッグコピーットしないゆるりとしたサイジングと着古したような独特の風合いを持つアイテムは、懐かしさを感じさせる。 コーディネートは、シャツを取り入れたものが多い。襟元に花刺繍を施したものや、赤・ブルーなどに染め上げたのものを、スカートやと合わせている。高島が正装を意識したと話す白シャツには、あえて、スポーツライクなフーディをマッチ。また、ワンピースにロングスカートやパンツを重ねた、ボリュームオンボリュームの組み合わせも展開された。 ネ・ネットらしい、ほっこりとした仕掛けは装飾から。ハチの刺繍入りコットンパンツや羊グッチ財布コピープリントのスカートなどが揃い、また、裏地にアニマルプリントを取り入れているジャケットも揃った。リボン使いもポイントで、ベレー帽や麦わら帽子とあわせて、のほほんとした雰囲気を作り出している。コットンやといった天然素材とミックスさせれば、よりナチュラルな世界観が完成する。